週末。

16、17日関西歌劇団のオペラ
「カルメン」に出演させていただきました

いや~も~、緊張しました

私は酒場のシーンで「飲んだくれて踊り散らかすジプシー」役でした。
って書いてみると、いつもの私のような・・・

テーブルの上で踊る父のサパテアードの横でパルマを叩き、
その後マントンで踊りました。
近くに合唱団の方たちがいるのに、マントン振り回して当てちゃったり
みなさん優しく「大丈夫ですよ~」と

エスカミーリョが登場したら、目をハートにして追っかける演技。
もちろん合唱団の方たち全員歌うので、私もついついつられて歌ってみたり

「ト~レアド~ル♪ ○※△×★~♪」
  ↑↑↑
後半は歌詞が分かんないのである


そして、4幕前の間奏曲ではアバニコ持ってホセを誘惑するカルメンのイメージを踊りました。
いや、これが、ホセって・・・

お父ちゃんですよ
ハズカシイんですよ

本番、舞台にのったらそんなこと考えず踊りきりましたが。。。

そもそも「誘惑」する踊りってどんなんかなと。
「かわいく」とか「明るく」とかは踊るけど、誘惑することってあんまり無かった。

そう
そんなことを考えたり、演技をしてみたりの機会を与えてもらったことに
感謝でした

時々カルメンには出演させていただくんですが
今回は何だか、舞台の一員になった気分でした。
「フラメンコの人」だけではなく。
本当に楽しかったです


写真は同じ楽屋だった合唱団の方たち。
他にもたくさんいらっしゃったんですが、お片づけ中でしたので。
突然楽屋で踊りだしたりしてお騒がせしました
carmen1.jpg


で、終わったと思ったら今度はスタジオ発表会
未だに知らず知らずカルメンの歌をくちずさんでしまいますが、次はシギリージャだ

hppyoukai20001.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東仲マヤ

Author:東仲マヤ
幼少より父東仲一矩のもとフラメンコ舞踊を始める。
2000年渡西 マノロ・マリン、ファナ・アマジャ他に師事。
渡西を繰り返すなか、東京・名古屋でライブ活動を行う。
2006年「文化庁新進芸術家海外育成研修生」に選ばれ、スペイン、セビージャに留学。
現地にて数々の舞台に出演し、2009年5月にはセビージャ・モナステリオ修道院にて自主公演を行い好評を得る。
2010年6月 帰国後初ソロ公演「Sendero de Luz ~光の道~」を兵庫県芦屋市ルナ・ホールにて発表する。
現在、関西や東京にて舞台・ライブ活動を行いながら、芦屋・大分にあるスタジオ・ソニケテにて講師を務める。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR