狂女王。

みなさま、こんにちは

ついに、三年ぶりに、
リサイタルします

マチャードの詩を踊った初リサイタルが2010年6月。
実は、今回のテーマのファナは前回のリサイタル作成中に「次はこれをしよう」と考えてました。


Juana la loca -狂女王ファナ-

15世紀に実在したスペイン・カスティージャ女王、ファナ。
カトリック両王の娘として女王になるべく、英才教育を受け、音楽にも関心が高く、美しかった。
当時の政策により、ブルゴーニュ大公フェリペと結婚。

Felipe el hermoso -フェリペ美麗王-として有名だった彼を愛しすぎて嫉妬のため女官を切りつけたことも。
若くして亡くなったフェリペの遺体と何か月も一緒に過ごして、棺桶を開けては話しかけたり・・・。

「王女は狂っている」

と、周囲に言われ亡くなるまでの40年近くを城に幽閉され、孤独に亡くなりました。


わ!
愛に狂う女性、フラメンコで表現したい!!

と、初めは思ったのです。


ところが、調べてみると、ファナ・・・

嫉妬を表すことは当時、批判され
ファナが棺桶を開けるのも遺体に付けられた装飾品を泥棒から守るためだった。
女王から政権を奪うため、「狂っている」と噂され幽閉された。

などの、事実に突き当たりました。


事実?
何が本当かは分かりません。

ただ、ファナは純粋に、
愛した。


見方によって、狂気なのか愛なのかが、変わる。

見方によって、とらえ方が、変わる。


そんな、矛盾。
そんな、究極。

を、ファナを通して踊り、
投げかけたい。
と、今は思っています。


音楽や衣装もこだわり、出演者全員で創っているので素晴らしい舞台になると思います。
自分の力をすべて出せるよう、頑張りますので、ぜひ、観にきてください。



第二回東仲マヤ フラメンコリサイタル
Juana la loca ~狂女王ファナ~


img003 (452x640)



15世紀に実在したスペインカスティージャ女王、ファナ。
狂うほどの愛に生きた彼女の真実を求め、フラメンコで表現する東仲マヤ第二回ソロリサイタル

2013年12月14日(土曜日)
芦屋 ルナホール
開場 17:30 開演 18:00
前売り 5000円 当日 6000円
全席自由

出演
踊り 東仲マヤ 稲田進 東仲一矩 スタジオ・ソニケテフラメンコ舞踊研究所員
歌 ディエゴ・ゴメス Akari
ギター 國光秀郎 伊集院貞敏
バイオリン 高橋誠
パーカッション 中村岳

演出 貞松正一郎

スタッフ
舞台監督 小泉剛
音響 柴田俊司
照明 馬宮攝子

構成・振付・台本
東仲マヤ

芦屋 ルナホール
JR芦屋駅南口より西へ約6分
阪神芦屋駅より芦屋川沿い北へ約7分
阪急蘆屋川駅より芦屋川沿い南へ約7分
芦屋市業平町8-24 TEL0797-31-4995

主催

東仲一矩・マヤフラメンコ舞踊研究所

後援
スペイン大使館・日本フラメンコ協会

お問い合わせ
スタジオソニケテ 0797-34-3929 soniqueteashiya☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてください)
または
東仲マヤ 080-5343-1458

までお願いいたします

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東仲マヤ

Author:東仲マヤ
幼少より父東仲一矩のもとフラメンコ舞踊を始める。
2000年渡西 マノロ・マリン、ファナ・アマジャ他に師事。
渡西を繰り返すなか、東京・名古屋でライブ活動を行う。
2006年「文化庁新進芸術家海外育成研修生」に選ばれ、スペイン、セビージャに留学。
現地にて数々の舞台に出演し、2009年5月にはセビージャ・モナステリオ修道院にて自主公演を行い好評を得る。
2010年6月 帰国後初ソロ公演「Sendero de Luz ~光の道~」を兵庫県芦屋市ルナ・ホールにて発表する。
現在、関西や東京にて舞台・ライブ活動を行いながら、芦屋・大分にあるスタジオ・ソニケテにて講師を務める。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR