親子公演。

9月25日(日)@芦屋ルナホール 18:00開演
Oedipus Rex ~最後の日~


ギリシャ神話「オイディプス王」。
王から生まれた不義の血が流れる娘アンティゴネ。
親子の愛と憎しみ。

脚本にはフランス文学者、鈴木創士氏。
演出にはバレエの貞松正一郎氏を迎え、
素晴らしいミュージシャン達に支えられ、
東仲一矩・東仲マヤが作品を創ります。

今世紀最後かも?という親子舞台、ぜひ観にいらしてくださいませ。

写真はフライヤーの一部です。母校の後輩の恵ちゃんが、「苦悩から自身で目を刳り抜いたオイディプス王」を描いてくれました。

フライヤー配布・設置していただける方大募集してます

踊り 東仲一矩・東仲マヤ 
   スタジオソニケテ・フラメンコ舞踊研究所員
歌 有田圭輔 川島桂子 Akari Yamada
ギター 國光秀郎 松井高嗣
チェロ 植木美帆
パーカッション 木村和人

チケット前売り5500円、当日6000円
ご予約、お問合せ、私までメッセージお願いいたします。


オイディプス王一部 (640x454)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東仲マヤ

Author:東仲マヤ
幼少より父東仲一矩のもとフラメンコ舞踊を始める。
2000年渡西 マノロ・マリン、ファナ・アマジャ他に師事。
渡西を繰り返すなか、東京・名古屋でライブ活動を行う。
2006年「文化庁新進芸術家海外育成研修生」に選ばれ、スペイン、セビージャに留学。
現地にて数々の舞台に出演し、2009年5月にはセビージャ・モナステリオ修道院にて自主公演を行い好評を得る。
2010年6月 帰国後初ソロ公演「Sendero de Luz ~光の道~」を兵庫県芦屋市ルナ・ホールにて発表する。
現在、関西や東京にて舞台・ライブ活動を行いながら、芦屋・大分にあるスタジオ・ソニケテにて講師を務める。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR